FC2ブログ

*はるが来た*

子供の成長・日々の何気ない日常を記録に・・・

昨日からの雨風で桜は散ってしまったけど、先週末は桜満開の時期にお天気に恵まれ
二カ所でお花見することができた。

まず、4日は当日に急遽決定して、こはると同じ3月生まれのお友達3組で舞鶴公園へ。
「キレ~イ」と思わず何度も言葉にしてしまうほど。
桜の下でお弁当を食べてとっても心地よかった。

これからの季節は、お弁当を持ってピクニックに行くのが楽しみ。

DSCF5646_1.jpg


去年の夏以来会っていなかったさおちゃんは、小さく生まれしばらくは体重が増えないと
心配していたようだったけど、ビックリするほど良く食べて、今ではこはるとあまり変わ
らない体格だったよ。

もう一人のりのちゃんは生後10か月からあんよができるようになっただけあって、
あちらこちらへ、それはそれは楽しそうに歩き回っていたよ。

こはるももう少しで、りのちゃんみたいに歩くんだろうなぁ。
あ~ 大変になるぞ~
      



日曜日は、お泊まりしていたはやとのお迎えを兼ねて、ホーリーの実家近くの公園へ。

DSCF5668_1.jpg


こはるのこの笑顔
写真を撮ったホーリーは、こはる以上に笑顔を見せて笑わせていた。


長崎から帰って来てから『かあさん』と、はやとがこう呼ぶようになった。

『今、何て呼んだ?』と聞いても、ニヤニヤっとするだけで話をそらすはやと。

「おかあさん」から「かあさん」に変わった理由はピンときた。

中学時代からの友人宅へ子連れで仲間と集まった。

はやとは、小1、小3のお兄ちゃんについて回りずっと遊んでもらって、
私はゆっくりみんなと話ができて助かったぁ。

その友人の三人の子供たちは、『かあさん』と呼んでいる。

きっとその子たちの真似ではないかと思う。

だって発音まで同じなんだもん笑えるなホント
影響受けやすいんだから・・・


『かあさん、とうさん』これからずっとそう呼ぶのかなぁ。
何だか微妙だなぁ。




寝ている時以外は、1分たりともじっとしていないはやと。
まぁ、子供ってそんなもので、はやとだけではないだろうけど・・・
それにしても落ち着きがなさすぎる

そんなはやとだけど、よーく考えてみると集中できる時があった。

まず一つは、大好きなテレビ番組を見ている時。
最近は『ポケモン』と『ヤッターマン』を見るときは、正座して姿勢を正し回りの声は全く耳に入らないほどの集中力。


もう一つは絵本。
普段のヤンチャなはやとを知る人は「意外な一面」と思うかもしれない。
幼稚園へ入園して1か月も経たない頃に先生から言われた事がある。
『はやとくん、絵本が好きですよね。絵本の時間に、あれっ はやとくんがいない?と探すと、一番目の前に座っていましたよ。』と。

保育園に通っていた頃も、絵本の読み聞かせをしている時ちょうどお迎えに行くと、先生の真正面に座り顔をぐんと上に挙げて(端から見ると、とてもきつそうな姿勢)見ていたことを思い出す。私がお迎えに来た事にも気付かずに、回りのお友達から教えてもらっていた。


1才半から本格的に寝る前に絵本の読み聞かせを始めてから、今も毎日欠かさずとは言えないが続けている。

仕事が忙しく疲れているある夜、睡魔に襲われながら、
母:「むかし むかし あるところ※♠○?▲□*※&#♡×・・・・・・ZZZzzz・・・・」
はやと:「ちょっとー ちょっとー おかあさん ねないでよー よんでよー」
母:「はやと ごめーん おかあさん もうダメーー おやすみー ZZZzzz・・・・」
ってことも何度かあったなぁ


何度も見ているお気に入りの絵本を、私が間違って読んでしまうと指摘することもある。


昨年の11月から童話館ぶっくくらぶを再開した。
1~2才の頃とは違い、絵本が自分当てに届けられる事が理解できる4才のはやとは、「何の絵本かなぁ」とワクワクしながらぶっくくらぶの包みを開けている。
自分で購入した方が送料がかからずいいのだろうけど、そうなるとじっくり選ぶ時間もないし、なかなか買わないし、何より私が選んでしまうと私好みの偏った絵本を購入してしまう事になるから、いろんな絵本に出会ってもらうためにも「童話館ぶっくくらぶ」に決めた。


今月の絵本   


おふろだいすきおふろだいすき
(1982/04)
松岡 享子、林 明子 他

商品詳細を見る



今月三冊の中では、はやとに一番インパクトがあったようで、すぐに手に取り、私が読む前から一人で何やらお話を作ってページをめくっていた。
この絵本が届いた当日は三回読んだ。





ちいさな木ぼりのおひゃくしょうさんちいさな木ぼりのおひゃくしょうさん
(1995/01)
アリス ダルグリーシュ、アニタ ローベル 他

商品詳細を見る



「読もうか?」というと、はやとが惹かれる絵ではなかったのか?表紙を見ただけで「ボク これ きらい」との返事。
そう言いながらも、読んであげるとメチャ集中し聞き入っていた。
読み終えると「あ~おもしろかったぁ」と、登場人物の話を始めた。






伝承おりがみ・伝承あやとり伝承おりがみ・伝承あやとり
(2001/03)
ヤスダ イクコ

商品詳細を見る


これは 親のための本で、年に2~4冊配本され、不要と思えばキャンセルも出来る。

今回の折り紙・あやとりの本は、このような機会がなければきっと手元にはないだろう本。

すぐに遊べるように二本の毛糸と、数枚の色紙が入っていた。
あやとりが懐かしく早速トライしてみたが、なかなか思い出せずに本を見ながら一つ一つ進めて行き時間がかかると、待つ事が出来ないはやとは、折り紙を広げ始めた

予習が必要みたい




はやとの行動が気になるこはるは、いつもはやとを目で追っています。

はやとを見て笑ったり、そうかと思うと一人遊びを邪魔されて怒ったり、泣いたり・・・

時には、はやとに連れられて(抱えられて)はやとの部屋へ行き、一緒に?遊んでいたり・・・

そんな中、真似っこが始まりました。

真似を始めたのは、はやとなのか? こはるなのか?





こはるがお喋りできるようになったら、増々騒がしくなりそう
2月6日 大安

おひな様が我が家へ届けられた。
早速ダンボールを開け飾り付けを始めると、ご覧の通り興味津々のお二人さん。

     DSCF5134_1.jpg


「絶対触ったらいかんよー! 見るだけよー!」と言いながら、まず赤い敷き布(毛せん)、親王台、屏風をローボードの上に置いた。
敷き布が滑りやすかったので滑り止めマットを下に敷いた方が安全だなぁと思い、別の部屋へ取りに行くついでにまずトイレへ・・・


  ゴト ゴトッ!!!    と音が聞こえたと同時に、


  『 ん ぎゃぁ~!!!』   こはるの泣き叫び声が・・・


「しまった!!!」私はトイレから飛び出しこはるのもとへ。

って、こはるがいないじゃないですか???

そう、こはるはローボードの敷き布を引っ張ったようで、敷き布、親王台、屏風の三段重ねの見事下敷きとなり、うつ伏せ状態で埋もれもがいていた。

抱っこすると泣き止んだこはるを即座に降ろし、会津塗りとやらで作られた親王台と屏風を手に取ってキズがはいっていないか確認してしまった。

ふぅ~ 助かった~。

これで、もうローボードには飾れない。

つかまり立ちが丁度しやすい高さのローボードに、おひな様を飾ろうと思った私が間違いだったわぁぁぁ。
こはるのボーイフレンドをご紹介♪ '07.10月生まれの なおきクン です。

     DSCF5007_1.jpg


なおきママとは中学時代からのお友達で、バレー部で青春を共にした間柄。
と言う事は、もうかれこれ20数年来のお友達。
去年、千葉から福岡へ越して来て、私の家からは車で20~30分の所に住んでいます。

DSCF5006_1.jpg


気心の知れた友人が近くにいることは、とても心強いものです。
こはるとなおきクンは7か月違いで、お互い育児中なので話も合うしね。

前回お邪魔した時のこはるは、人見知りして私から離れられないといった感じでしたが、二度目の今回は着いて数分は泣きましたが徐々に行動範囲を広げて遊び、私がトイレでいなくなっても泣く事はありませんでした。

なおきママは、寒い事もあり外出は控え目にしているみたいなので、春暖かくなったらいろいろと一緒にお出かけできたらいいなぁ。



  20080101175933.jpg   200801011759332.jpg


今年はホーリーの実家でのんびりとお正月を迎えた。

雪が降ったこともあり、マンション暮らしに慣れているためか一軒家は寒~い。
そんな中、はやととおじいちゃんは雪だるま作り。
以前から雪だるまを作りたいと言っていたはやとは、「お豆とにんじん持って来て~」とおばあちゃんにリクエストしていた。

夢中のはやとは気が付くと右手は素手。窓越しに見てるこっちが寒くなったよ。

こはるは年越し夜泣き(^_^;)
私が寝返りするだけで泣き出した。最近眠りが浅いのにプラスして環境が変わったからかなぁ?

大した事はやっていないけど、今年のクリスマスのことを今年のうちに書いておこう。

24日はお買い物ついでに、トイザらスではやとをひと遊びさせるつもりが、ひと遊びどころか1時間近く居座っていた。店内を一回りした後は、子供用のパソコンにはまってずーっと遊んでいた。
いつもはこんなには付き合ってられないけど、今日はクリスマスだから特別?。

ケーキは予約していなかったから、買うのに時間がかかってしまった。


クリスマスイブの会話 その1 

母 「はやとが眠っている時にサンタさんがプレゼント持って来てくれるけん、
  早く寝ようねー♪」

はやと「シャン シャン シャン ♪って聞こえてきた?
    あっそうだ、はみがきしとこー。」

母「オイ オイ!まだ晩ご飯食べてないよ。それは早すぎー。」

普段は歯磨きしようと言うと毎回のように「えーーー!なんでーーー!」と言う歯磨き嫌いのはやとなのにね。
毎晩サンタさんに来てもらおうかなぁ。
いやいやそれは無理かっ。


クリスマスイブの会話 その2

はやと 「サンタさんは靴下にプレゼント入れるとよ。でも靴下がなーい。」

  父 「はやとのくつした置いとかんね」

はやと 「ちっちゃいけんダメ。おーきなのー。」

  父 「じゃあ、お父さんの靴下貸そうか?」

はやと 「ダメダメ。
     そうだ!あれがいい!お母さんのあれ!昨日のヤツ!この前履いたヤツ!」

  母 「もしかして、ブーツ?」

はやと 「そう、そう、ビーツ!」
           
  母 「 ブ ー ツ !  デカくてごめんよ。」


プレゼントは何にしようか迷った結果、最近興味を持ち出したポケモンのお菓子入り缶ケース。カードなど細かな物を入れてくれたらいいなぁと。
お父さんがそれだけ?というのでDVDを追加することにした。
夏に映画館デビューした時怖がって全部見れなかったので、リベンジってことで、DVDは「レミーのおいしいレストラン」に決定。おまけでウルトラマンのふりかけ。

    DSCF4755.jpg


プレゼントは、お母さんがラッピングしてお父さんがはやとのベッドの枕元へ。

どんな顔して持ってくるのか楽しみにして朝リビングで待っていると、寝ぼけた顔して首を傾げながら「サンタさん、来てないんだよねー」とがっかりしているはやと。

そんなはずはなく、はやとと一緒にプレゼントがある部屋へ。
どこをどう見たのか?大きい物を期待していたのか?
見つけた瞬間ニヤリ。「あった♪ あった♪ プレゼントあった♪」


    DSCF4743.jpg


ポケモンのお菓子入り缶ケースは、期待通り大喜びしてくれた。
DVDはというと「レミーのおいしいレストランやん。これ怖いんだよねー。」とソファーに置いたままパッケージさえ開けられなかった。

二日後お母さんと一緒に最後まで見る事ができた。楽しかったみたいで、その日カレーを作っていると久々お手伝いをしたがった。
レミーを真似ていたはやとは、影響されやすく、やっぱり単純!?



200712171944052  20071217194405


靴を左右反対に履く、洋服を後ろ前に着る、これはやとのこと。

靴を正しく並べて置いていても、何故か足をクロスさせて左右反対に履いてしまう。
「その都度教えてあげることですね(#^-^#)大人になって反対に履いている人はいませんから…」との幼稚園の先生からのアドバイスは、気長に見てあげてって事なんでしょう。

「反対よ」と教えると「えぇっーー!!」などと言ってちょっと逆ギレ!?するはやと。

一つ年上の年中のそうご君と二人一緒に靴を反対に履いたまま、帰りの園バスから降りて来たことがある。それを見て「二人ともお揃いやん(笑)」と言うと、そうご君はしまった(*^_^*)みたいな表情をして直ぐに履き替えていたが、はやとは知らんぷり。
まだこの気持ちが無いんだなぁはやとには。

今日も反対に履いて園バスから降りてきた。転けやすいとも知らず、「ヨーイドンしよう!」とガニ股で走り出し、お決まりのように転けていた。

そういえば、もりちゃんの子供達が、はやとくらいの年頃に会う度に靴を反対に履いていたな。
「何で教えて履き替えさせんと?」の私の質問に「だって言ってもいっしょやもん」ともりちゃんが言ってたことを思い出した。なるほどねー(^~^)

パンツも洋服もこれまた後ろ前に上手に着るのよねー(T_T)
前後が分かりにくい洋服ならまだしも、ポケットやボタンやワンポイントがあっても間違えてるの。靴と同様で気にならないみたい(><;)
肌着なんかは首が詰まって気持ち悪そうだけど、教えてもはやとは「まっいっかぁ」だって。私もホーリーも「本人がよければ、まっいっかぁ」と諦め気味。

いつまで続くのか?
やはりデータ復帰は9割方無理らしい。七五三 キャンプの写真が消えちゃったぁ~(;_;)
3日前、PCが故障してしまったぁ(|||_|||)ガーーーン
10月に写真データのバックアップはしたものの、それ以降はできていない。更にまだ手を付けていない年賀状の住所録データも・・・
あぁ~ どーしよーか。
今月は幼稚園補助金が戻ってきたけど、全部修理代になりそうな予感。
この時期に、PC使えないのも痛いけど、予定外の出費も痛ーい(><;)
   20071201022042.jpg  20071201022043.jpg

こはるの前髪が伸びて目にかかるようになったので、ピン留めを使っていたけど、最近は自分で外して口に入れる事もしばしば(><;)
ピン留めがダメならゴムで結ぼうとやってみたら、この通りお相撲さんになっちゃったよ~
20071119124225
こはるが着ているこの洋服は、おとうさんが去年7月ポルトガル出張のお土産に買って来た品。
そう言えば、こはるの妊娠が分かった時は丁度ポルトガル出張中でメールで知らせたんだったなー。
はやとへと思って買って来たこの洋服は、この通り今こはるにピッタリ!
はやとには小さすぎたのよねぇ。
先日、ぎゅうちゃんから借りた歩行器を早速使ってみると、しばらくはご機嫌に遊んでいました。
何気に足をパタパタと動かし歩行器は後ろへ後ろへ進んでいましたよ。お尻がシートからズレると自分では体勢を戻す事ができず、時々座りを整えてあげ、またバーック バーック・・・

     DSCF4200.jpg


何だか三人で楽しそうよ  ↓ ↓ ↓

DSCF4210.jpg


DSCF4201.jpg

20070910234226.jpg



最近夕焼け空がとても綺麗です。

そう思っていると、数日前に「夕焼けが綺麗で思わず屋上まで行って見ようかと思ったよ」と仕事から帰って来て言ったお父さん。
お父さんも見てるんだぁと、何だか嬉しく思いました(*^-^*)


今日は、はやと こはるを連れて、マンションの屋上で夕焼け空を見ました。

屋上へ着いた直後から、何だか落ち着きない隼。
「もしかして、オシッコ?あ~家を出る前にさせなかったお母さんが悪かった~(-"-;)」

二度目に屋上へ行った時には、随分薄暗くなって、一番星も出ていました。
刻々と変化する夕焼け空をゆっくり?と見ていました。
涼しい秋風が吹いて心地良かったな。
今日、お父さんは久々のツーリングへ。

6時半起きで準備をしていると、はやとも起きてきて何やらソワソワ。
朝はいつも、言われないとおしっこに行かないのに、自らトイレを済ませオムツから
パンツへ履き替えていました。

母:「はやと どうしたとー?」

すると、慌てて着替えもしています。

はやと:「ボクもバイクのるぅ」

父:「目的があると着替えも早い事!」

普段は「ほら、おしっこ。ほら、パンツ履いて。ほら、シャツ着て。ほら、靴下。」
などなど一つ一つ言われているはやとですからねぇ。

今回はバイクのエンジンをかけても怖がらず座っています。
070909

でも、残念ながら今日は連れて行ってもらえませんでした。

あと一か月で 4才になるはやと。
やっとバイクに乗りたがるようになりました。
「はやと用のヘルメットを買って今度乗せてみようかねぇ」と嬉しそうなお父さん。

連れて行ってもらえず、ご機嫌斜めのはやとの気を紛らすために、さくらのお散歩へ。
朝7時のお散歩は涼しくてとっても気持ち良かったです。

二日間外出せずにはやと、こはる、お母さんの三人で家で過ごしました。
はやとは可愛そうなくらい叱られてばかり・・・
お母さんは自分が嫌になるくらい叱ってばかり・・・

まず言う事を数回では聞いてくれないの。
お母さんはイライライライラ。
心の病にでもかかっているのではないかと思う位にイライラしてばかり。
自分でそう思ったり、十分な睡眠時間がとれているって事は心の病ではないか(^^;

叱られるのに「おかあしゃ~ん」とベッタリしてくるはやと。
甘えたいんだなぁとは分っていても「暑いけん離れて」と言ってしまいます。

それから可愛い妹こはるにもベッタリ。
頬をスリスリ何度もして、力が入り過ぎてはこはるは泣くを繰り返しています(><)
その度にお母さんは注意することに・・・
そんなされても、こはるはお兄ちゃんが大好きなようで、はやとの顔を見ると
ニコニコキャッキャッと喜んでいます。

最近はやとの朝食がすすみません。暑いししょうがないかなぁなんて
多めに見ていると、朝食から一時間も経たないうちに「お腹空いちゃった~」
「おやつ食べたいな~」「アイスクリーム食べたいな~」「ジュース飲みたいな~」
などなどしつこく言ってきます。
食べたいと言った時に何でもすぐに出してあげればイライラもせず簡単なのですが、
規則正しい食生活をさせなくちゃと思うとそうもいかず・・・
些細な事だとは思っても、またイライライライラ。

昨日はいつも以上に大声を張り上げてイライラしていたからかは分りませんが、
はやとからこんな事を言われてしまいました。

はやと:「ねぇ おかあしゃんの こころ かして~」
お母さん:「こころって何?」
はやと:「こころって いい感じのこと  こころって 優しいこと」
はやと:「こころ優しくなってね お友達にもあげてねって 先生が言ったよ」

心が痛みました。
お盆をはさんだ一週間は、ちょっと慌ただしい一週間となりました。

まずお父さんお母さんそれぞれの実家へ帰省しお泊まりし、我が家へ戻りホッと一息ついている時に、お父さんの何気ない言葉に撃沈したお母さんは、こはるを連れてお友達のぎゅうちゃん家へ家出?!(*v_v*)zzZ。

最近いろいろとストレス溜まっていた所に、お父さんの言葉にトドメを刺された感じでした。
丁度その日から2~3日、はやとは一人でおばあちゃん家へお泊まりの予定だったから、その間私も留守にしますとだけお父さんへメールしていました。
予想はしていたけど、お父さんからは3日間一度も返信もないの(>_<)
帰って来ても何事もなかったかの様な態度でした。
お父さんよりさくらが心配してくれていたようで、餌を全く食べなかったそう。大好きなおやつのジャーキーは食べたらしいけどね。

はやとと同じ年のここちゃんは女の子だからかとっても静かで、こはると二人のんびりとリフレッシュさせてもらいました。

気持ちを切り替えて、残暑を乗り切るとしましょ・・・
たった今、ドリカムのコンサートが終わり、帰りのバスの中です。
感動の3時間半でした。
懐かしい曲が流れる度に、鳥肌が立ち、十数年前の事を思い出しました。
もうすぐで着きそうなので、また後日にでも…
最後に、快く行かせてくれたホーリーに感謝('-^*)/
先週の土曜日、町内の夏祭りがありました。

日が沈んで涼しくなってから出かけたため遅かったのか、ヨーヨー釣りは
終了していて、はやとはヨーヨーを持っている人を見ては「あれが欲しい」と
言っていました。

はやとは、長崎のおばあちゃん手作りのじんべえを着ています。
070804


しばらく食べ歩きをして、お父さんは生ビールを2杯飲みいい気分になっていましたよ。

070804


試乗車が2台並んでいて、はやとはしばらくそれに乗って運転の真似をしたりして
楽しんでいました。
ハンドルを握って得意気な顔をしていて、そういうはやとの姿を見ると
男の子だなぁと思います。
車に興味があるのは男の子だからなのか、お父さんの影響なのか?

070804


蚊よけ対策して行ったのですが、最後の最後に帰りの我が家のマンションのエレベーター
ホールで、こはるの腕に蚊が・・・
気が付いて瞬時にパチンと蚊をやっつけたのですがどうも遅かったようで、
次の日からプックリと真っ赤に腫れ上がってしまってます。

お母さんが一番の楽しみにしていた抽選会は、何も当たらず終了(><)



 やすべえまる

Author: やすべえまる
    *家族の日記です*
     はやと 9才
     こはる 6才
     ホーリー
     私

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる