*はるが来た*

子供の成長・日々の何気ない日常を記録に・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




インフルBに罹患して引きこもり中のこはる。
やっと明日から学校です^^; フゥ




折り紙が得意で今は鶴にハマっています(o^^o)
私に似ず器用みたいで、極小鶴まで折っていました。


スポンサーサイト
こはるが、昨日3/11から肺炎で入院しています。

お薬が大嫌いなこはるに
『お薬飲まんかったらひどくなって入院になるとやけんね』と言っていたことが、
まさか本当になるとは・・・




6回目でやっと入った点滴につながれ、鼻からはマーゲンチューブを入れられ、そんなこはるを見ていると可哀想で、確実に内服させていればと自分が情けなくなってしまいました。
ドクターからは「ほったらかしはいかんなぁ」と言われるし、母親いや看護師失格だなと。

でも、数日後に6歳になるこはるの内服拒否は、かなり手強いのよね~
私なりに努力はしたんだけど、これって言い訳かぁ(^_^;)

入院して辛い思いしてるのに、まだお薬飲むとは言わないのよね~
大流行中のインフルエンザウイルスが、我が家にもやって来ました。

はやとが通っている小学校の2年生は学年閉鎖中と聞いていたので、
3年生に回ってくるのも時間の問題かと覚悟していました。

22日夕方からこはるが38.4℃の発熱。前日から鼻づまり、喉の痛みがありました。
そんなこはるを見て、『ボクも喉が痛い』とスイミングから帰宅したはやとも37.8℃。
はやとの隣の席の女の子が咳がひどくて熱があって早退したそうです。

翌朝、こはるは自然に解熱、はやとはまだ37.8℃と微妙な状態で、
迷った結果、二人でお留守番させ、早退させてもらう予定で私は出勤。

幸い健診も外来患者も少なく落ち着いていたので、10時には早退させてもらう事に。
慌てて帰宅すると二人は元気に遊んでいてホッしたというか、小児科受診必要?と思う程。

様子を見て午後から小児科受診し、こはるは朝から平熱でしたが、昨夜38.0℃以上の発熱だったから
ということでインフルエンザの検査をして陰性。

一方はやとは、38.0℃以上の発熱ではないということで、検査は見送り経過観察。
しかし、その日の夜から38.5℃。
結局、翌日の発症二日目にインフルエンザA型陽性と確定しリレンザの吸入を開始したのでした。
夜には39.4℃まで上がりとてもきつそうなはやとを見て、
昨日無理にでも検査してもらえば良かったのか?
陽性だったら早めにリレンザの吸入ができるし・・
でも、陰性だと同じ事だし・・・
痛いし・・・
検査代もかかるし・・・
インフルエンザを疑ったら早めの対応というけれど、そうでもないのよね~
自問自答する私でした。


発症四日目のはやとは平熱となり、『インフルエンザってこんなにきついって知らんかった~』
『早く学校に行きた~い』
朝10時半から、『お腹空いた~』の連発で『ほっともっとのカツ丼が食べたい』だの
もう、うるさいくらいに元気になってDSばっかりやってます。





こはるの発熱はただの風邪だったみたいです。

24日はもともと公休の私は、数ヶ月前から予約していた、乳がん・子宮がん検診の予定でしたが、
当日キャンセル。
それから、それから、今日25日は職場の新年会、これもキャンセル。

インフルエンザもう結構ですよ。
こはるの熱 今日で5日目。 なかなか解熱してくれない。

熱がここまで続き機嫌が悪いと、無理にでもタミフルを内服させるべきだったのかなぁとちょっと後悔。

今回一度カロナールを内服させたけど、その時もこはるは大泣きして拒否。

ホーリーと二人掛かりで大騒動しながら無理に飲ませた結果、吐き出して半分飲めたかどうか?

こんなだから、やっぱり4日間のタミフルは無理だったかな?とも思うが・・・


胃腸もやられ今日は下痢。便秘症のこはるの下痢は2年ぶりに見た。

下痢する前に腹痛を訴えた時、『お腹がいた~い。お兄ちゃんがうるさいけんよ~。』とこはる。

三日ぶりにおばあちゃん家から帰宅して早々に、このお言葉を頂いてしまった可哀想なはやとお兄ちゃん。

まぁ、確かにうるさいけど、お腹は痛くならないよね~


『チャレンジ2年生』の教材をはりきってリュックに詰め込んで持って行ったけど、
おばあちゃん家では出されることはなく、おばあちゃん曰くその存在すら知らなかったと。


やっぱりね・・・



土日は長崎帰省予定だったけどキャンセルして静養だね。









インフルエンザのA型にかかって一ヶ月経たないうちに、B型にかかってしまったのは こはる。

しかも、以前から計画してお友たちがお泊まりにやって来る予定の日の早朝に発熱 ガ~ン

まぁ、子どもってこんなもんだよね~。

A型の時は受診が遅れ診断まで時間がかかったから、今回は早めに受診すると早すぎて検査してもらえず

結局発症して二日目にB型と診断された。

診断されたところで薬嫌いのこはるは対症療法なんだけど・・・

私の仕事のこともあって・・・

今回もA型時と同様タミフルは処方なしで様子を見ている。

(薬嫌いのこはるみたいに内服したりしなかったり途中で止めたりすると
 タミフルは耐性を作ってしまうからと言われた)

さすがに昨晩は高熱できつそうだったから、無理にでも解熱剤の座薬を使おうかと悩んだけど

水筒を抱きかかえてゴクゴク水分摂って眠ったので使わなかった。


予防接種してたんだけどなぁ~


おかげでなのか、今のところはやとは症状が出ていないので、おばあちゃん家に避難させることにした。


その時の会話がまた笑えた。

  私「こはるがインフルエンザだから、はやとは明日からルームかおばあちゃん家どっちにする?」

はやと「え~、ボクもインフルエンザになってもいいから、一緒に家に居らせて~ お願~い」と私にすがった。

  私「ダメ、ダメ、移ったらきつくて大変よ。 さぁ、どっちにする?」

はやと「ん~、仕方ない、ばあさん家にするかっ


ホーリーが、ばあさん・じいさんって言うもんだから、はやとが今回初真似
『おばあちゃんはボクの宝物』と言っていた幼稚園時代、最近はそんなおばあちゃんにもちょっと
反抗的な言葉遣いだったり、うっとうしがったり、成長したってことなんだろうけど困ったもんだ。

それでも、おばあちゃん家に行くと決まれば早い早い。勝手におばあちゃんにお迎えしてもらう段取りをつけ、
届いて間もない『チャレンジ2年生』の教材全部を郵送されてきた段ボール箱に押し込み、更にその段ボール箱を
リュックに詰め込んだ。
やる気は解ったけど、それじゃ着替えが入らんでしょと突っ込みを入れさせてもらったよ。


こはるの熱が早く下がりますように・・・




    




5月から保育園へ通いだしたこはるは、見事に1週間置きに熱を出している。

そして、その合間に滅多に病気をしなくなったはやとが、存在をアピール
するかのように熱と嘔吐下痢。
はやとの嘔吐下痢は幸い軽い方だったので、こはるに移ることはなく完治した。
普段は暇さえあれば「お腹空いたぁ~ 何か食べた~い」と言っているはやとが、
おやつも食べず静かな2~3日だった。


先週のこはるの熱はかなり手強く、4日間高熱が続いた。
全身に発疹がでたり、解熱しても機嫌が悪い日々。
抵抗力が落ちて皮膚にも症状がでたためだろう、ウイルス感染だから
とにかく安静療養のみとのことで、私は初めて仕事を休み、
1日はおばあちゃんと過ごした。

昼夜問わずなかなかまとめて熟睡できないでグズグズさんのこはる、
少しでも静かな時間をこはるのため、そして別の意味ではやとのために
幼稚園の延長保育を6時まで依頼して送り出した。
すると昼過ぎに幼稚園から、はやとが腹痛と熱と電話が入った。

結局園バスで定時に帰って来たはやとは、既に解熱、腹痛消失していて元気そのもの。
ナニ~!?
大した事にならず良かったんだけど・・・
二人して同時にグズグズさんはゴメンですからねぇ。


こはるは、昨日くらいからやっと笑顔を見せ大きな声を出したりして
動き回るようになった。
乳首に水泡ができてしまう程オッパイばかり飲んでいたが、
少しずつ食べるようにもなった。


今日6日ぶりの保育園では、やはり泣いちゃったよ。


数ヶ月はこんな状態の繰り返しなんだろうなぁ。
頑張ろうね、こはるちゃん。














4/24から右中耳炎の治療

そろそろ完治かといううところで、GWのキャンプ中に発熱

平熱に戻って2日後の5/8、ぶり返したのか? また発熱

すると昨晩全身に発疹が出現、突発だったみたい

託児所に通いだし慣れない環境におかれたり、キャンプに連れ出されたりと
1才ちょっとのこはるには心身ともにお疲れのようだ

こはるは可哀想なことに、この2か月余りで、今回3回目の中耳炎になってしまった。トホホ

はやとは無縁だった中耳炎、何度も繰り返すとは聞いてはいたけど・・・



2月28日

数日前「こはっちゃん、耳がくちゅくちゅいってるよ」と言っていた
ホーリーの言葉を思い出し、みみこちょしてみる。
緑っぽい浸出液がたっぷりと綿棒に付着


2月29日

耳鼻科初受診し左中耳炎と診断される (細菌検査で緑膿菌が検出)

この3週間程前に1日だけ熱を出し、鼻水がでていたが、いつから耳の症状が
出ていたのかよくわからない
以前から寝ぐずりの時は、耳や頭をカキカキ掻きむしっているので痛みが出て
いたのかもよくわからない
看護師失格だーと凹んでしまった私


3月4日

3回目の点耳で浸出液、炎症もほとんど消失し、一週間後に受診するように言われる


3月5日

明け方の夜泣きが激しい(これまでで一番激しい泣き方ではないかと思った)、
夕寝のお目覚めから機嫌が悪く泣き続ける。

中耳炎再発!?

ホーリーに仕事を早めに切り上げてもらい夜間診療へ

車中のこはる『リロリロリロ~』とご機嫌な時によく発する
このリズム。
うわぁ~、耳の痛みで泣いたんじゃなさそう
でも、また夜泣きされたら訳わからないから、診てもらっとこー
安心を得るための受診へ

案の定
『中耳炎の形跡もわからないくらいキレイにしていますよ』
1分もかからない診察で終了


3月7日

鼻水ダラダラ


3月8日

J R でお友達の家へ、そしてお泊まり
明け方夜泣きし抱っこで数時間過ごす

日中の刺激が強かったのか? 環境の変化なのか? それとも中耳炎?


3月10日

耳鼻科受診、両中耳炎で切開する


3月24日

完治


4月1、2日

発熱 39.0℃台 咽頭炎


4月5日  コブクロ ライブの日

明け方の夜泣き続く 
オッパイをあげても泣く泣く
耳を触ってくちゅくちゅと、ホーリーも私も聞こえたよーな
3日前に熱も出てたし間違えなく中耳炎だよ

と思い耳鼻科受診

「少々赤みがあるけど、治療の必要はなし」



4月15日 ~ 数日間

鼻水少々 残っていた薬を飲ませる


4月24日

2日程前から鼻水、
そして今日、なーんか機嫌が悪くてよく泣くような・・・

耳鼻科受診  右中耳炎で切開



こんな感じで、こはるは痛い思いをし、

私はこはるの鼻水を見ると「また中耳炎?」、

耳をカキカキ動作を見ると「また中耳炎?」、

夜泣きが続くと「また中耳炎?」、

何が何だか訳が分からなくなっている。









 やすべえまる

Author: やすべえまる
    *家族の日記です*
     はやと 9才
     こはる 6才
     ホーリー
     私

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。