*はるが来た*

子供の成長・日々の何気ない日常を記録に・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月こはるは4才になりました。



お誕生日を健康で元気に普通に家族みんなで迎えられることがどれだけ幸せなことなのか、
震災のニュースを見るとそう思わずにはいられません。




DSCF0541_convert_20110319223432.jpg



優しくてステキな先生やお友だちに恵まれ、毎日楽しく通園している幼稚園。

あおくんというお手紙の交換をするほどのラブラブのボーイフレンドもいます。


そんな幼稚園のお誕生会でこはるは

『 私の名前は◯◯こはるです。大きくなったら会いたかった(AKB48)になりたいと思います。』と

堂々と発表しました。

てっきりハートキャッチ♡プリキュアと思っていた私は、

想定外の将来の夢にちょっとびっっくりしたのでした。

4月から年中さんになるのを楽しみにしているのですが、

その前の春休みにおばあちゃん家にお泊まりデビューの予定です。

はやとみたいにおばあちゃんにホイホイついて行きそうにはないのでどうなるかなぁ。

『 こはちゃん 4才になったら、お泊まりできるも~ん。こんぐらいベッド(二段ベッド)に寝るも~ん。』

と本人は言っていますが・・・

確かに、誕生日の一日だけは、約束通りすんなりと二段ベッドのお布団に入ったのです。

が、電気を消して私が子供部屋を出て1~2分後には

『こはちゃん やっぱりお母さんと寝る~』とやって来たんだよね。

無理にとは言いませんが、いつかは二段ベッドでいい夢見てほしいな。はやとも待ってるよ。


最近、お手伝いのバリエーションが増えてお米研ぎ、ピーラーでの野菜の皮むき、

そして包丁も使いたくなるお年頃になったようです。

そして、そして、お手伝いしながらピーマン・にんじん・白菜・レタス・キャベツなどを

生でバリバリ食べるのです


はやとと遊んで大爆笑したり、そうかと思うと喧嘩してポロポロ涙を流しながら

報告に来たり(こっちの割合が

家族にしか見せないおふざけ顔で楽しんごの真似をしたり

一度機嫌を損ねると厄介で機嫌が戻るまでに大変だったり

毎日賑やかに過ごしています。


スポンサーサイト
日々成長中のこはるは今月で3才になりました。
特にここ数ヶ月のこはるの変化には私も驚いています。


     DSCF8984.jpg


お話が上手にできるようになったこはるは、保育園でもお友だちに負けまいと大きな声でお喋りしたり、
歌を歌いながら作業をしたり、園庭ではアクティブに遊んだり、一年前には想像出来ないことばかりです。

お誕生日にハッピーバースデーの歌をお友だちみんなから歌ってもらったあと、
お返しにこはるは『3さいです。がんばります。』と発表し、先生がビックリしたそうです。

先生からは『最近のこはるちゃんは、サナギがチョウになったみたいですよ。
これが本来のこはるちゃんなんでしょうね。幼稚園に行っても安心ですね。』と言われる程。

半年前に幼稚園の話をしても『イヤ』と首を振っていたけど、
今では『4月から幼稚園に行くも~ん。シマモ(シナモロール)のお弁当持って行くも~ん。
バスに乗って行くも~ん。』としょっちゅう言っています。

現保育園では3月下旬から進級し、Cさん(年少)と呼ばれクラス替え(縦割り)もあり
教室も先生も変わってしまい、『こはちゃんは、ちょっとだけ(3/31まで)Cさんになるとよ。』と
私が言ったように真似てはいますが、複雑な心境でしょうね。


『もうすぐ、こはちゃんは3才よ~。3才はお姉ちゃんよ~。』などと私たちの言葉に
刺激されてなのか?時期的なものなのかは分かりませんが、
こはるの中でもお姉ちゃん意識が芽生え、トイレなど褒められることがあると
『こはちゃん、おねえちゃんも~ん』を得意気に繰り返しています。


トイレと言えば、随分前から保育園ではほとんど失敗なくトイレでできていながら、
お家ではトイレに行きたがらず失敗する日々。
これがいつまで続くのかと困っていたのですが、不思議なことに3才の誕生日一週間程前から、
おしっこもうんちもトイレでできるようになりました。
相変わらず便秘は続いています・・・



2~3か月程前からこはるが『キティちゃんの傘買って』と言い始め、
『お姉ちゃんになってからね』『3才になったらね』『トイレでおしっこができるようになったらね』と
私たちからはぐらかされていました。
そんなこはるは、トイレや食事やお着替えが上手にできて『えらいね~、お姉ちゃんになったね~』と
褒められると『傘買って』と口癖のように言って返していました。


そんなこんなで、迷うことなく3才のお誕生日にはキティちゃんの傘をプレゼントしましたよ。


CA330100.jpg


本日で保育園を退園し、4月からは幼稚園に通います。
こはるのシャイでマイペースな性格を暖かく見守り穏やかに接し保育してくださった先生方に
とても感謝しています。
この保育園で過ごすことができ、こはるにとって貴重な一年になったと思います。


DSCF9126.jpg


さあ、幼稚園ではどんなこはるを発見できるかなぁ。
これからが楽しみです。



この写真は、こはるが2才の誕生日(8か月前)の記念に撮影したもの。

    0903-01_1.jpg
10月12日 体育の日は、こはるが通っている保育園の運動会だった。

私たちの顔を見て泣き出してしまうんじゃないか?、かけっこするだろうか?
ダンスはするだろうか?いろんな意味で楽しみにしていた。

入場行進で私たちの姿を見つけたこはるは、ニッコリすることもなく無表情だけど、
泣かずに頑張った。
体操は全く身体を動かさず、ポツンポツンと突っ立ったままのお友達数人のうちの一人だった。

(みんな、なんしよーとー?)みたいな冷めた目で周りを見ていたこはる。


そして楽しみにしていた2歳児クラスのミッキーマウスマーチのダンス。

「今日は指が少し動いていました。」「今日は腕が上がりました。」
などなどと練習状況の報告を受けていたこのダンス、さあどこまで動けるかな???


音楽が始まっても踊る気配はなく、先生がこはるの腕を挙げてくれた。

DSCF8415_20091019110957.jpg


するとその腕はそのままずーっと挙げたまま固まって、最後まで頑張るポーズのままだった。
ホーリーがビデオを撮りながら、「ビデオじゃなくてもいいね(笑)、
どんな踊りだったか分かるように周りのお友達も撮っとこう」だって。

泣かずにみんなと一緒に並んでいれただけでも偉かったよ。よく頑張りました。


かけっこでは待っている私の姿を見つけきれず、お友達より少し遅れてスタートして、
今にも泣き出しそうな引きつった顔をしながら走ってきたよ。


親子競技(障害物競走)では、これまでの緊張がほぐれたのか、ずっと私に抱っこでされたままで、
こはる一人だけ全く何もしなかったのよ。


こんな感じで終わったこはるの運動会。
帰宅してから「ミッキーマウスマーチはどんなするんかな?」と私が歌を歌いだすと、
「こうよ、こうよ♪」と両腕をブンブン振って踊りを披露してくれたよ。

一週間経った今でもそれは変わらず「うんどうかい、またする♪」とも言っている。


こはる、お疲れさまでした。来年も楽しみにしているからね。
4月から通い始めた認可保育園、新しい環境でどうなることかと心配していたけど、
あっという間に半年が過ぎた。

通い始め当初の2週間ほどは、朝の別れの時に泣いていたけれど、長泣きする事は無く
先生に抱っこされて私の姿が見えなくなると泣き止んでいたそう。

じぃーとお友達を観察して無表情だったこはる、四週目あたりには保育園の雰囲気にも
慣れてきたようで「こはるちゃん随分表情がでてきましたね」と言われたことも。
それでも、その頃はまだ保育園ではお喋りはせず笑顔も出せなかったみたい。
       
慎重派で引っ込み思案のこはるは、保育園に通いだして4か月過ぎた頃から
やっと少しずつお喋りをして笑顔も見せることができるようになった。
初めてするゲームや遊びは嫌がって見ているだけということが多く、
夏のプールではみんなと一緒の大きなプールには入りたがらず、プールの横に用意して
もらったタライに一人入って遊んだそうよ。プールからお友達の楽しそうな歌声が
聞こえると気になって身を乗り出して見ていたんだって。笑っちゃうなぁ。
嫌と思ったら絶対に嫌で、断固として拒否する意地っ張りの面も持っている。

一か月前にあった親子レクレーションでは、私から全く離れず一時間抱っこのままで
降ろそうとすると足に力を入れてしがみついて、何一つゲームには参加しなかった。
そんなこはるを見て先生は、「いつもと雰囲気が違っていましたからね。
10月の運動会は頑張りますね。」と声をかけてくれた。


最近は、運動会の練習内容を連絡帳で見るのが楽しみな私。
「かけっこでは走ってくれず、保育士が抱っこしました」
「今日はみんなとはちょっと遅れてスタートして先生と走ってくれましたよ」
「今日はみんなと一緒にスタートはしたのですが、途中でピッタッと止まり、
(しまったっ! 走ってしまったぁ !)みたいな表情をしていましたよ」
「今日は全体練習の行進で、こはるちゃんが歩いてくれるか心配していたら、
至って普通に歩いてくれましたよ」などなど・・・

こはるの行動とは伴わないけど保育園は大好きみたいで、家では「あのねぇ、せんせいね~♪」
「せんせいね~♪ バレー(ガンバレ)、バレー 言ったよ」など保育園の話題が多く、
覚えた歌や踊りも披露してくれる。(きらきら星の歌が大好き)



4月の終わり頃におたふく風邪、その一か月後に水疱瘡、ちょこちょこ風邪、
アレルギー性気管支炎、時々お熱、こんな感じで大病無く元気に成長中。
そういえば中耳炎には一年近くなっていない。
アトピーによる耳切れは再発を繰り返しているけど、恐れていたトビヒにはこの夏ならず乗り切った。
時々腕や身体をカキカキしているけど現在は小康状態かな。時期的にはこれからだなぁ。




悩みの一つが便秘。
3~4日はあたりまえで、一週間出ないってこともある。
以前からうんちが溜まってくると、一日数回チビチビうんちをしてお尻が赤くタダレて
痛いから十分息めない悪循環なパターンを繰り返していた。
タイミングよければトイレで大人もビックリするような長い長いうんちがでることも
ある。便秘とは無縁の私、こはるの小さなお腹によくもここまで溜めているなぁと
ビックリと同時に感心してしまう。
小児科からは、トイレでしっかり腹圧をかけることができるようになれば便秘も改善される
から、今は出なければ浣腸で様子見るように言われている。もう何度浣腸をしたことか。
うんちしたくて息んでいるこはるを見ると、すぐにトイレへ連れて行こうするのだけど、
大泣きして断固拒否。そしてパンツやおむつにちょびっとうんちが付いている。
昨日は保育園のトイレで泣きながら一週間ぶりの大量うんちをしたそうで
「一回では流れなかったね~」と先生。



それからもう一つは、はやととのバトルが始まったこと。
どこの兄妹もこうなのか? とにかくうるさい。

ある日、はやと、こはる、私の順に三人並んでソファーに座りテレビを見ていた時、
はやとが「あいたたた~!!!」と大声を出し続けるから「何?何?何?」と
よ~く見るとこはるがはやとの腕をこっそりつねっていた。
近付かないでってこと?なのか、はやとがちょっかいを出しすぎなところもあるけど
こはるも負けてはいないなぁと思った瞬間だった。



     DSCF8227.jpg















3月いっぱいで卒園した保育園は、11か月間お世話になったことになる。
卒園の日の帰りもいつものようにこはるはお昼寝中だったので、先生は眠っている
こはるに静かに『さようなら』してくれた。
毎朝元気な挨拶でこはるを迎えてくれた園長先生、いつもニコニコ笑顔で遊んでくれた
先生方、本当によくして頂いてこはるも楽しむ事ができた保育園。
通い始めてからのこはるの成長を先生と話しをしながら、今日でこの保育園は
最後なんだと思うと寂しくて涙が出て来てしまった。

ちょうどこの日は3月のお誕生日会もあったので、そのプレゼントやお別れの記念品
などを頂いた。
      名称未設定 1のコピー


さあ、4月から新しい保育園。

不安と期待でいっぱいだ♪
お誕生日のお祝いにおばあちゃんが来てくれた。
おばあちゃんが来た途端、膝に座ったり抱っこしてもらったりでおばあちゃんは
とっても喜んでいた。時に、はやととおばあちゃんの取り合いの場面もあった。


バースデイケーキのロウソクに火を着けると、ちょっと引き気味のこはる。
火を消す真似をして見せてみたけど一向に反応しなくて、結局はやとと私が火を消した。

DSCF7372_20090314231347.jpg

かわいく出来ているキティーちゃんのケーキにナイフを入れるのが勿体なくて、
こはるに自由にさせてみた。

DSCF7382_20090314231356.jpg

初めは恐る恐るちょんっと一つの指で味見していた。
美味しい事が分かって何度も何度もちょんちょん指に付けてなめていた。

DSCF7383_20090314231435.jpg

それを見ているはやとはじれったく「早く食べさせてよ~。ぼくにもちょうだいよ~。」と
騒ぎ、手を出す度にこはるから「メッ!(ダメ)」と叱られていた。
途中こっそりやっつけていたけどね。


                こんなんなっちゃいました
DSCF7370_1.jpg DSCF7386.jpg

プレゼントはまだ買っていないんだけど、おままごとセットにしようかなと考えている。


こはる 2才のお誕生日おめでとう。

2才になったこはるは、心も身体も随分大きく成長しているよ。

身長 81.5cm  体重11.12kg

小食と言っていたのはオッパイを卒業する半年程前までで、それからは徐々に徐々に
食欲旺盛となってきた。
ごはんが大好きでふりかけをかけて大人の一膳分ペロリと食べること多々あるし、
保育園の給食はほぼ毎日のようにおかわりをしているらしい。
お茶碗を差し出し「かっ、かっ」と言うのがこはるのおかわりのサインで、
いつの間にかホーリーも私も「かっ、いる?」と聞いていたりする。

なので1才になった頃から半年以上も 9.0kg 台だった体重は、今では順調に
右肩上がりの増加で、ほっそり小顔になったなぁと思っていた一時期から、
最近またまたぽっちゃり顔になっているし、抱っこの時にはズッシリと重みを
感じている。

好きな食べ物
ごはん、餃子、ミートボール、カレー、揚げ物、たこ焼き、バナナ、みかん

こうやって見てみると高カロリーの食べ物ばかりだわ~。
おデブちゃんにならないことを願っとこう。

それから、食事中に機嫌を損ねると卓袱台をひっくり返す勢いで、フォーク、お茶碗
などこはるが手に届くもの全てをテーブルから投げ落としていた時期がいつまで
続くの?と思っていたけど、それはどうやら卒業したみたい。
今でも思い通りにならないとフォークまたはスプーンをたまにポイッとすることはあるけど、
今ではポイしちゃダメってことが重々分かっているこはる。
だから以前みたいな勢いはなくホーリーや私の顔を伺いながらちょっと控え目に
落としているといった感じ。
成長したなぁとつくづく感じることだね。

食事のことでもう一つは、こはるは几帳面だなと分かったこと。
口の周りが汚れたりテーブルにこぼしたりするとその都度おしぼりで拭くし、
私が食器をランダムに置いていると、一列に並べ直したり、スプーンとフォークを
使わない時は右端にキレイに揃えて並べたり・・・
だから食べこぼしに気付かないもしくは気にならない5才のはやとのテーブルの方が、
いつも汚いのだよ。おもしろいね~。




数ヶ月前までは、はやとのお迎えのために幼稚園へ行った時、先生から挨拶されると
恥ずかしそうに私の後ろに隠れて足にしがみついたり、抱っこをせがんだリしていた
こはる。
今は私が側にいればオモチャで遊んだり、遊びたい遊具の所へ私の手を引いて連れて
行ったり、先生にバイバイもできるようになった。
まだまだ私の側からは離れることはできないので、はやとの参観や説明会などの行事の時、
私としては助かっている。「大人しいねぇ」とよく言われる。


家でもはやとがちょっかいを出さなければだけど、本当に大人しく一人遊びをしてくれる。
絵本が大好きで何冊も何冊も見続け、時に「○▲×□※???」とお話を読んでるふうだったり、
お絵描きしたり、ぬいぐるみやお人形をキレイに一列に並べ毛布をかけて「ねんね~、ねんね~」とトントンしたり、抱っこしたりと女の子らしい遊びをしている。
クリスマスプレゼントに買ったみーちゃん人形は当時ポイッと無関心だったけど、
最近になって抱っこしてもらえるようになった。

こはるが並べたぬいぐるみ
DSCF7166.jpg




こはるのお気に入り

テレビ番組 「いないいないばぁ」
ワンワンとうーたんのパペットぬいぐるみを両手に持ってリズムをとりだす。
ぐるぐるどかーんを一緒に踊る。

CM 「ランドセルの天使の羽」「ヤマハ音楽教室」
これらが始まると即座にテレビの真ん前へ行き一緒に踊る。

「さんぽ」
車の中で機嫌悪い時でも泣いていても、これが流れると一緒に歌う。
「○○こー♪、○○こー♪、○○○○○○きー♪」といった感じで語尾だけ音楽に
合わせて歌っている。

ぬいぐるみ 多数ある中で何故だかパンダ

     DSCF7338.jpg



ことばの数もドンドン増えて聞いていると毎日楽しい。
ホーリーや私の肩をトントン叩きながら「ねえ、ねえ、ねえ」と話しかけたり、
私の話に相づちを打ったり一つ一つの反応がかわいい。

以前は「キッキッー」今では「キッティーちゃん」
こはるが謝ってこはるが答える「○めんね、いいよ」
ゴーオンジャーやウルトラマンなど戦隊ものは全て「グーガー」
ピカチュ「ピカピカ」
スティッチ「ティッチ」
カメラ「○○ラ」
めがね「めなね」
バナナ「○ナナ」
ゾウ「ぞーたん」
おしっこ、うんち「しーしー」
「うーたん」「ジョース」「チャッチャ」
まだまだたくさんお話するんだけどこはる語で理解が難しい。
絵本の絵をこはるが指さすので私が答えると、オウム返えしのように真似して話す。


意思がしっかりしていて「いや」をはっきり言うようになってきた。
そろそろ「イヤイヤ期」突入かなぁ。

これからの成長が楽しみ~

 









昨年の5月から申し込みをして待機していた認可保育園に、来月4月からやっと
のことで入園できるようになった。
申し込み当初は数ヶ月くらいで入れるかなぁと甘い考えでいた私、
まさかこんなに待つことになるとは思ってもいなかった。

現在通っている保育園は、少人数でアットホームな雰囲気で良くしてもらっていたので、
離れるのはとても名残惜しい。
人見知りのこはるがやっと慣れて、今では保育園のことを聞くとお友達の名前を言ったり
楽しそうにしている。
だからこはるには悪いなぁと思うしちょっと複雑な気持ちになってしまう。

けどけど、
認可保育園は今より長い時間預けることができて私の仕事の時間を制限しなくていい事、
はやとの幼稚園の近所でお迎えが楽になる事、
何と言っても一番は今の保育料の半分に減額する事などを考えると変わらざるおえない。

またこはるには頑張ってもらおう。

全園児(0~6才)が15人前後の今の保育園から、来月からはこはると同じ年(2歳児)
が26人もいる環境に変わるんだから、きっとこはるは圧倒されるだろうなぁ。  


先日の説明会で早速、通園に使用するリュックサックを手作りする宿題がでてしまった。
作り方のコピーを一枚もらったんだけど、説明が簡単すぎて素人の私が理解できる訳がないよ。
こはるが生まれて買ったミシンは今では雑巾縫いにしか使われておらず
ホコリがたまっている状態。
こんな時のため、こはるに手作りしてあげたいと思って買ったミシンだから、
ちょっと頑張って作ってみるとしよう。
   



            調味料を並べて基地作り。

     DSCF7318_1.jpg
今日でこはる1才8か月。
1才6か月に断乳してから早いもので1か月以上になる。

断乳するまでいろいろと考え迷った事もあるけど、
今思えばホント断乳して良かったと思っている。

こはる、私、協力してくれたホーリーのちょっと辛い断乳の日々を
残しておこう。

断乳する一週間前からこはるに授乳の度に言っていたこと、
「もうすぐオッパイ バイバイよ。」と。
その度に「は~い」と手を挙げてかわいい声でお返事していた。


断乳1日目

前日までとは違い、寝起きのオッパイが飲めず大泣きして朝食は数口のみ。
託児所では機嫌良く過ごし2時半に帰宅。
帰宅直後はお決まりのオッパイを欲しがるがおやつやなどで気を紛らせ、
夕方大泣きしたけど何とか食事をし完食。

寝かせつけは専ら添い乳だったのでこの日からはスリングを使い抱っこ。
抱っこでは寝てくれるけどベッドへ降ろすと半覚醒でバタバタ動くが、
それでもしばらくして眠った。
予想していたよりスムーズに寝てくれてホッとしていたのは束の間だった。


断乳2日目

真夜中の1時から夜泣きが始まった。
普段ならここで添い乳をして直ぐに眠ってしまうのだけど、これからはそうはいかない。
トントンして寝かせようとしても逆効果でバタ狂うように泣いた。
抱っこしてお外へ出てウロウロしている時は、気が紛れるのか泣かずに大人しく
してはいるけど眠ることはできないでいた。
途中機嫌良く遊びだしたので無理に寝かせるのはやめて様子を見ていると、
5時過ぎにこはるからソファーへ横になりコテッと寝てしまった。

日中はホーリーも一緒だったこともあるのか?、2回程オッパイを指さして欲しがる程度で
泣くことはなかった。こはるなりに我慢していたんだろうなぁ。

夜はアイロンをかけている私の側に寄って来て、気が付いたら膝枕ですーっと眠っていた。
こんなふうに眠ってしまうなんて初めてのことだよ。ビックリ~。と喜んでたけど・・・


断乳3日目

またまた真夜中1時頃から夜泣き。
オッパイを指さす程度の欲しがりかただった日中とは違い、今までのように私のTシャツを
必死に捲り上げようとするこはる。
「オッパイはお終い。ないないよ。」と言うと、ひっくり返ってバタ狂い大泣きした。
2日目の朝からオッパイの腫れと痛みがピークに達していた私は、
そんなこはるを抱き上げるのもままならない状態。
目の前でバタ狂い大泣きするこはる、パンパンに腫れたオッパイの痛み、この時ばかりは
断乳しない方が良かったのか? 今オッパイを飲ませればこはるも私も楽になるのに
なんて思ってしまった。

そんなこんなで、こはるをホーリーに任せた。
抱っこで眠ってもベッドへ降ろすと起きるを何度か繰り返して、
ジュースを飲ませると機嫌よくなり眠ったらしい。



断乳開始から3、4日でオッパイを指さしたり私のシャツを捲り上げようとしたり
欲しがることはなくなった。
激しい夜泣きは1週間程続き、再び眠りにつくまでに短くて30分長くて1時間半ほど
かかった。抱っこして動いていないと泣き出すから、夜中の散歩はちょっと辛かった。
でも真冬じゃなくて良かったけどね。


こはるにとって人生初の卒業、よく頑張ってくれたね。


そして1年6ヶ月私のオッパイもお疲れ様と言ってあげたい程、
今では可哀想なことに・・・






身長 79.0 cm 体重 9.2 Kg

体重は半年程殆ど変わらず身長だけが少しずつ伸びているので、
久しぶりに会う人みんなから「ほっそりしたね~」と言われている。
少しは小顔になったのかなぁ


1才6か月 こはると私にとっては大きな出来事があった。
それは、こはるがついにオッパイを卒業したこと。
こはるからオッパイにバイバイするのを待てなかった私が、
一大決心して断乳した。
断乳記は後日残すことにしようかな。


     DSCF6725.jpg



言葉を理解できるようになってきて、「ゴミ箱ポイしてきて」でゴミを捨てたり、
「くっく履くよ」で玄関に座ったりとその仕草はとても可愛いく、
そんなこはるを大げさに褒めるとニヤニヤとして喜ぶ。


そうかと思うと、自己主張が強くなったこはるは、思い通りにならないとかんしゃくを
起こし、ギャン泣きして床にひっくり返って頭をゴンゴン打っている。
食事中に多く見られ、一人で食べたいという気持ちが強くてちょっとでも
手を出そうものなら、かんしゃくを起こし近くにある食器全部をテーブルから投げるから、
ホーリーも私も終いにはお手上げ状態。
そんな時、私が怒った顔をして上目遣いにこはるをにらむと、面白い事に泣く事はなく
こはるもにらみ返してくる。

「あ~、女は怖いね~、怖い、怖い」とホーリー。

はやとにもこんな時期があったかなぁ、あまり覚えていないなぁ。


DSCF6783.jpg



こはるにとっては「まんま、まんま」が基本の欲求のことばになっているのだが、
その他のことばも少しずつ言えるようになってきた。

「○たーたん」⇒ ホーリー、私
「しぇんしぇー」⇒ 保育園の先生
「パンマン」⇒ アンパンマン
「ワンワン」⇒ 犬 (動物全般、時に人間の赤ちゃん)
「カーカー」⇒ カラスが鳴いていると真似をする
「ゴォー、ゴォー」⇒ 飛行機の音が聞こえると、空を指さして言う
は・み・が・き (じょうずかなっ?)
⇒ 毎朝はやとのためにアラームセットしている歯みがきの歌
 いつも私が歌っているとこはるも歌いだした
 でも、よ~く聞いていないと分からないけど、確かに歌っている




あんよが楽しくなってきたようで、ようやく玄関からマンション下まで
歩くようになった。
はやとがこはるの手を引いて歩く姿は微笑ましいが、同時に危なっかしい。


暑い時期はトビヒに何度かなり(治癒までに時間を要した)、
涼しくなれば今度は乾燥肌で皮膚のトラブルが続いている。
中耳炎は2か月以上再発していないが、またまた鼻水の時期到来か?


これから「イヤイヤ」が始まって大変な時期になるだろうけど、
一番可愛い時期でもあるんだよね。

そんな育児を楽しもう











1才4か月のこはるは、まだまだオッパイが大好き

最近、卒乳? 断乳? どちらにすべきか迷っている。

はやとの時と違って今回は、母乳がいっぱい出てくれて本当に嬉しく、
母乳だけでこんなにぷくぷく大きくなるんだぁと身を以て実感できた。

生後6か月から完全にミルクとなってしまったはやとの時のことを考えると、
せっかく母乳がでるのだから、こはるからオッパイにバイバイするまであげ続けよう
なぁんて考えていたのは1才になるころまで・・・

混合栄養も大変だったけど、母乳をやめようと思うこの時期になって母乳の大変さに
直面している。

食事を食べるようになった今は、こはるにとって母乳は精神安定剤のようなものに
なっているから・・・

眠たい時、夜中数回のお目覚め、食事中、その他何度も何度もオッパイを欲しがる今、
私としてはちょっと辛いっ

託児所から帰って来た時は、頑張ったねのご褒美のようにオッパイを飲ませると
20~30分遊び飲みを続ける。
私から離れる動きを見せた時、「お終いね」とオッパイをしまおうと洋服を整えると
「あっ、まだまだ」みたいな顔をして慌ててまた飲みだす。これを繰り返す。

託児所の時は(長い時は8~9時間)、我慢しているのか諦めているのか
オッパイなしでも平気みたい。
託児所でのお昼寝は、背中をトントンしてもらってスゥーッと眠りにつくそうだ。

しかし、家で背中をトントンして寝かせようとすると、バタバタゴロゴロと抵抗して
泣き叫ぶので、今も添い乳でねんね。
寝ぐずりが始まるとお父さんが抱っこしても手に負えなくなってしまう。
お母さんっ子になるはずだよね。


なかなかまとめて眠ることができず、夜中2~4回は目覚めてオッパイを探している。
朝寝起きが悪い時には、オッパイを飲まないと機嫌が良くならず1日が始まらない。
朝一で飲まなくても大抵は、朝食中か後に機嫌が悪くなり思い出したように欲しがって飲む。

私としては、夜中に目覚めるのも辛いけど、それより食事中に急に機嫌悪くなり、
食事を中断してオッパイをあげるといったパターンがもっとストレス。

でも、断乳に踏み切れないんだよなぁ。

オッパイを欲しがり大泣きしているこはるがオッパイを見ると、ピッタッと泣き止んで
両手をバタバタ振ってニコニコ笑顔で声を出して喜ぶ姿を見てしまうと、
「そう、これが欲しかったと?」と思わず私もニヤッとなってしまう。

精神安定剤だけに、断乳してしまうとこはるがどう変化してしまうのかも不安。

「断乳したら夜もぐっすり寝てくれるようになって楽よ~」と知り合いから
聞いたりすると、断乳したいと思うのだけど・・・

でも、今断乳してしまうと後悔しそうな気がするから、もう少し様子みようかなぁ。




      DSCF6175_1.jpg


DSCF6204_1.jpg
こはるが保育園に通いだして一か月が過ぎた。


お出かけすることが分かるようになったらしく、玄関に座らせると
自分の靴を手に取って履こうとしていた。

最近は、朝 保育園へ行くと2~4歳のお兄ちゃん お姉ちゃん二、三人が
「こはるちゃん、あそぼー♪」と誘ってくれて
オモチャを貰い遊びだす。

今までは座らせた所から動かなかったこはるだけど、
先日は園長と私が話をしていると、気が付くと自らお姉ちゃんたちに付いて
オモチャがある別の部屋へ行って遊んでいた。

「こはるちゃん、行って来るね~、バイバ~イ」と私が遠くから手を振ると、
オモチャを握った手を振ってバイバイしてくれた。


園でのおあつまりでは、みんなと一緒にペコリと挨拶ができたり、
「今日も一日頑張るぞ~!!」「おう!!」で、こはるも「おう!!」とばかりに
笑顔で手を挙げていたりと、おたより帳には感激してしまうことが書かれるように
なった。
なので、毎日おたより帳を見るのが楽しみ。


それから、保育園へ通いだしてから、少しずつ食べる意欲がでてきたみたい。
食細のこはるだけど、保育園での昼食はほぼ完食しているそう。

今までスプーンやフォークは、手に握っているだけで安心といった感じだったけど
最近ではスプーン フォークを使って自分で食べようとしている。
こちらが食べさせようとすると機嫌が悪くなり、しばらく放っておくと初めは頑張って
スプーンを使い(ほとんどの食ベ物は口まで入らない)、しばらくすると手づかみで
食べだす。そして更にしばらくすると、私が食べさせても怒らず口を開ける。

もう食べたくなくなると、目を瞑って首をゆっくりと横に振り「いらない」と
意思表示をはっきりとするようになった。


人見知りをするこはるは家族以外には殆ど笑顔を見せなかったけど、
今では保育園の中ではいっぱい笑顔を見せることができるようになったそうよ。

保育園以外でも人見知りは大分克服してきているようで、
見ず知らずの人から声をかけられた時には、
ほんの少しだけど笑みを見せるようになった。


僅か一か月余りですごい成長ぶりっ。(親バカ?)
1才2か月という時期的な成長ももちろんあるだろうけど、
保育園の影響は大きいかもね。

これから保育園で何を覚えてくるかなぁ。これからの成長が楽しみ~♪


こはるが託児所に通いだして3週間が経った。
人見知りをするこはるは、慣れるまでに時間がかかるだろうと思っていたのだけど、
意外や意外、もう大分慣れてきたみたい。

今週の火曜日(登園実日数11日目)から、朝お部屋に着いた時泣かなくなった。
いつも朝は、園長(40才代の男性)が迎えて抱っこしてくれるのだけど、
その日は泣かずに抱っこされ、翌日にはこはるから園長へ手を広げる姿勢をとった。
そして今日は、園長の側に座らせると近くのオモチャで遊びだした。

日中も眠くなった時以外はほとんど泣かなくなったそうで、機嫌良くこはる語で
お喋りしたり、お兄ちゃんお姉ちゃんに遊んでもらったりしているらしい。
給食もほとんど完食してるんだって。

先週くらいまでお迎えに行った時は、私の顔を見てもしばらく無表情で反応せず
「どうして私を置いて行くのよ~」と言ってそうな目で見つめていたけど、
最近は私の顔を見るとニコッとして座っている椅子に立って抱っこ~の姿勢をとる
ようになった。

こはる自身が、ここは楽しい所で遊んでいるとお母さんがお迎えに来ると
何となく解ってきたのかなぁ?

これからどう転がるかは解らないけど、取りあえずは良かった良かった


しかし、託児所に慣れてきて喜んでばかりもいられないのだよ
こはるにとっては試練の時期。
昨日から、今月に入って3度目の発熱 フゥ~
やっと風邪症状がとれて本調子になってきたなぁと思っていた矢先のこと。

無理をさせては可愛そうと思いながらも、週末だからあと1日頑張ってと、座薬を使い出勤ギリギリまで体温計とにらめっこした私。
何とか解熱し機嫌良く朝食もしっかり摂れたので託児所へ。

はやとも保育園へ通いだした数ヶ月は、大げさなようだが一週間おきに
病気していた気がする。(季節的に秋の入園ってのもネックだったかも)
フルタイムの仕事だったから、いろいろと大変だったことを思い出す。
1時間弱かけて義母に来てもらって、はやとを看てもらったこともある。
はやとの風邪が移り義母も体調を崩したことも・・・
子供の病気と仕事、私にとっても辛い時期だった。

その点今回は、4時間のパートタイムということ、二人目でちょっとのことでは
動じないこと、気持ち的には随分楽だ。



私のこと。
1年8か月ぶりの仕事は、緊張しながらも楽しいと思える今日この頃。
以前よりイライラしなくなったような・・・
どう考えても仕事大好き人間ではない私だけど、今回また仕事したいと思った
のは自分でも意外。
ストレスをあまり感じずにほどほどに仕事をして、子育てと上手く両立できたら
いいなと思う。


何からアップすればよいものか

週3~4日だけど仕事を始めたこともあり、
GWから何かと慌ただしい毎日が過ぎている。

こはるのあんよ記録を忘れないうちに残しとかないと

二週間程前の4/29に4歩あんよができた
その日の数日前から一歩だけは踏み出すようになっていて、
そろそろかなぁと思っていた所、一気に4歩あるいた

初あんよから2日後、何とか撮影できたもの




本当なら日に日にあんよの歩数が増えるのだろうけど、
体調を崩してしまったからか、あんよどころか手放し立っちもしなくなり、
専らつたい歩きばかりしている慎重なこはる。


ソファーにも上れるようになったよ



顔面から落ちても泣きもせず、何度も何度も繰り返していた

2時間後、お迎えに行くとこんなんだった。

  080501_1032~0001


おっとー、泣いてないっ

しかも、抱っこされずに一人で遊んでるし。


私と離れた後、しばらく泣いて抱っこされるのも立ってじゃないとダメだったそう。

でも、徐々に周りをキョロキョロしたり、「あ~ う~」と語りだしたり、
オモチャを手に取り遊びだしたんだって。

こはる よく頑張ったね


私がいることに気が付くと、いつもの横座りハイハイ?で近寄って来た。

頑張ったこはるをギュ~と抱きしめて、しばらくすると私をチラチラ見て確認しながらも、
離れて遊びだした。

ビックリ~

   080501_1046~0001





1才1か月のこはるは、今日託児所デビュー

私、今月からパートのお仕事を始めることにした。
希望の認可保育園は空きがなく待機となった為、とりあえず託児所に
通わせることにした。

園長に抱かれ泣いているこはるに、私はニッコリとバイバイして
さっと園を出てきた。
今日は2時間の慣らし保育予定で、こはるに頑張ってもらう。

これまで、ホーリー、おばあちゃんとのお留守番は数時間したことがあるが、
お家以外で知らない人と過ごすことはもちろん初めての体験。

お迎えに行った時、涙と鼻水で顔はドロドロになりながら泣き続けているのかなぁ
それとも、ケロッとして遊んでいるのかなぁ

楽しみ~

はやとが保育園に通いだした当初は、泣いている姿を見て私も涙が溢れてきたことを
思い出す。
二人目となると、ニッコリとバイバイする余裕があるんだなぁ。これが・・・


さあさあ、今から銀行へ行ったり用事をすませなくっちゃ。
あっという間に2時間経っちゃうぞー

こはるにとっては、長い長い2時間だろうね

こはる ガンバレ~




こはる1歳の誕生日を迎えてから、気が付けばもう1か月を過ぎてしまった。

1か月前の誕生日の頃は、数歩しかできなかったつたい歩き。
最近では押し車の汽車ポッポを押して、フラフラのあんよ姿を見せて
くれるようになった。

押し車は以前から出してはいたのだけれど、はやとが乗ったり
(動かすたびにポッポッポッと音がするのでちょっとうるさい)
こはるがつかまり立ちしようとしている所を邪魔したりで、
危なくって積極的には遊ばせていなかった。

で、先日久々こはるに使わせてみると、「あらぁ~押して歩いているよ~」




それにしてもこはるも(笑)顔デカイなぁ 
髪を結ってオデコを出すと更に強調されている。


つかまり立ちをしてから、手放しもする。
数秒しか立っていられなかった数週間前、今では長いこと立っていられるよ。
とても楽しいみたいで、立っては手を放しパチパチそして尻餅、
これを何度も繰り返して喜んでいる。

DSCF5705_2.jpg DSCF5704_2.jpg



私の足もよく立っちの練習に使われている。
キッチンに立ってる私の足にしがみつき、股の間に顔を埋めたり、
パジャマのズボンをズリズリと下げてパンツ丸見え状態にしたり・・・

歩き出すと今より大変になることは分かっているけど、けど、
こはるのヨチヨチあんよを早く見たいなぁと思ってしまう。


後追いがピークかも。
機嫌良く遊んでいても、私がリビングから出て行く姿を見てしまうと、
追って来る来る
機嫌が悪いとホーリーがいてもダメで、大泣きしながら追って来る来る
トイレには、こはるとさくらまでもがついて来る
ゆっくりさせてくれ~


それから、真似っこがメチャかわいい

『もしもし~』と言うと、自分の手、リモコン、携帯電話、オモチャ、
何でも手に持っているものを耳?頭?に当てる。
「うん、うん、うん」首を縦に振って何度もうなずいている。
私の真似???よく見てるよな~。

そうそう、眠っているこはるの横でテレビを見ている時、
面白い場面に遭遇した
こはるが少し動いたので、起きたかなぁ?と顔を覗き込むと、
右手を耳に当て「うん、うん、うん」と首を振り『もしもし~』を
やっていた。
声をかけると、寝ぼけていたようで、ハッと我に返りすぐにまた眠りについた。
『もしもし~』の夢でもみてたのかなぁ


その他

『○○○ こはるちゃーん』と呼ぶと、『 は~ 』と低い声で
  お返事して手を挙げる

指差し

『さくらはどこ?』、『お父さんは?』と聞くとそれぞれを目で追う。

オッパイが欲しい時は『まんまんまんま~』と言いながら、
  私の洋服を捲り上げる。

機嫌にもよるが、以前より少しずつ食べる量が増えてきた。
 好き嫌いは多く、食べず嫌いもある。


断乳ではなく、卒乳ができればと思っているけど・・・
授乳の回数は全然減ってないし、そろそろ仕事を探そうかなぁと思っているし、
時々いつもの部位に白班ができて詰まってカチカチになるし(実は今も)、
どうなることかちょっと不安。

卒乳に向けての行動を何か起こさないといけないのかなぁ。
とはいっても、卒乳ってこはるがオッパイバイバイするまで
ってことなんだよね。勉強しとこ。


中耳炎が治ったかと思ったら、熱を出し小児科へ。
長引かずに良かったと思ったら、今度はアトピーが悪化し
トビヒで皮膚科へ。
昨日からまた鼻水が出てるので中耳炎にならないかとハラハラ。

更に、はやとの眼科、虫さされで皮膚科、病院通いばかりしている気がする。

ありがたいことに、ここ福岡市は乳幼児医療費助成制度が充実していて、
手出しがないので助かっている。




















3月14日は、こはるの誕生日

義姉から朝一番にプレゼントが届いたよ。
誕生日らしくなってきた~。

DSCF5468_1.jpg


良かった良かった
何せ私たち、こはるへのプレゼントは用意してなかったもので・・・


箱の中身はこれ と、かわいいヘアピンなどなど
DSCF5497_1.jpg




平日だから大丈夫だろうと甘~い考えで予約なしでスタジオアリスへ行くと、
3時間半待ちだと

その時間になると、はやとが幼稚園から帰ってくる。

ということで、撮れなかった


それから、それから、


その後、こはるのバースデーケーキを買うため、人気のケーキショップへ。
すると、すると、お店の外まで長蛇の列。
駐車場に車を入れる事もできず、お店の前を素通りした。

 何  この行列は
以前このお店へ来た時にも、お客は入れ代わり立ち代わりで人気あるんだなぁと思ったけど、
それにしても今日の行列はどーしてー

しばらく車を走らせ気が付いた。 オッソ~

今日3月14日は、ホワイトデーや~ん

ということで、ホーリーに頼み別のお店で買ってもらった・・・




呑気な母でごめんね




数日前には早く帰るよと言っていたホーリーは結局8時近くの帰宅となり
二人は待てずご覧の通り、おやすみしてしまった。

DSCF5504_1.jpg


二人一緒に寝てくれる事は滅多になく喜ばしいのだけど、主役がいないとねぇ・・・



食細のこはるがよく食べるものは、ダントツ一番はパン、うどん、お好み焼き、
タコ焼き、ん~ ベースはどれも一緒。

我が家では、メニューに迷った時にはお決まりのように、お好み焼きやたこ焼きを作る。
はやと こはるには、タコの代わりに、納豆やチーズを入れると喜んで食べてくれる。


『今日はたこ焼きパーティーだぁ♪』と楽しみにしていたはやとは、
朝まで曝睡してしまった
翌朝の第一声は『たこ焼きパーティーしよう


主役のこはるはお目覚めになり、パクリ。

DSCF5511_1.jpg



ロウソクの炎に釘付けで、炎をつかもうとしていた。

     DSCF5530_1.jpg


はやとが寝てしまい、想定外の静かな静かなこはる1歳のお祝いだった。











こはる1歳のお誕生日おめでとう

こはるが生まれ家族の一員となり一年が経った今では、
賑やかなおうちが増々賑やかに、そして華やかになりました。

ありがとうね

二人目のこはるには、ゆっくりゆっくり成長して欲しいと
思っていましたが、あっという間に1年が過ぎていきました。


最近では大きな声を出したり泣いたり、個性もでてきて、
しっかりと自己主張するようにもなりましたね。

おっとりした性格なのかなぁと以前は思っていましたが、
どうなんだろう。
いろんな物に興味を持ち始め、何でも手に取りたいという気持ちがあるためか、
興味ある物が見えると、動きがスピードアップしている今日この頃です。

ベビーカーでお買い物中には、ベビーカーに立ったり、横向きに座ったり、
のけ反ったり、売り物をつかもうと必死に手を伸ばしたり。
はやとも同じ事をしていたけれど、こはるはもっと控え目かと思っていました が・・・

はやとに負けないように、こはるも元気いっぱい主張しとかないとね。


これからの成長が楽しみです。


今は中耳炎の治療中で辛いけど、頑張ろうね。



マイブームの『も~』のポーズ

DSCF5457_1.jpg


     「お股からごめんなさい」
     DSCF5461_1.jpg

 やすべえまる

Author: やすべえまる
    *家族の日記です*
     はやと 9才
     こはる 6才
     ホーリー
     私

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。